【沖縄】たびのホテルlit宮古島/市街地・繁華街に徒歩圏内!低価格のホテルステイで快適に暮らすように観光も!

ホテル

こんにちは。
当ブログ管理人の「エムイズム」です。

どこにでもいる一般会社員が、“ちょっと贅沢なホテルステイ”を目的に年間50泊以上しています。その経験値をもとに、全国各地のホテル宿泊記をお届けします。写真や動画を用いて、詳しい解説とともに紹介していきます。

ホテルの評価基準については、ブログテーマの「より自然に、より豊かに」を主軸に、満足度やリピート度合いも加味して査定しています。

皆さんにとっても、素晴らしいホテルステイができることを心より応援しています。私の失敗談や、その対処法、周辺観光スポットなども紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後に
これまで紹介したホテルは、「【最新版】おすすめホテルランキング」にまとめています。こちらも併せてご参考にどうぞ!

大浴場有り!客室に洗濯機・電子レンジ完備!便利でお得な宿泊なら迷わずおすすめ宿!たびのホテルlit宮古島

名称:たびのホテルlit宮古島
住所:906-0012
   沖縄県宮古島市平良西里596
電話:0980-75-3100

たびのホテルlit宮古島の魅力・特徴

ホテル 外観

2021年6月に開業したばかりのホテル。
宮古島の中心地に位置し、繁華街のあるメインストリート「西里通り」もすぐ近くです。
繁華街にある人気飲食店や居酒屋などにもなんなく徒歩でアクセスできます。コンビニエンスストア「ファミリーマート」やスーパーマーケット「サンエー」もホテル周辺にあるためなにかと便利

観光であれば、日中はダイビングやシュノーケリング、海水浴、夜は繁華街や居酒屋をはしごするなど、朝一から夜遅くまでガンガン行動したい派におすすめすべきホテルと言えます。

島内観光以外にも、出張などのビジネス利用でもありがたい立地でしょう。
長期滞在でも快適に過ごせるよう、キッチン・電子レンジ・洗濯機などの家電が完備された客室もあります。そのほか、書斎スペースの確保された客室など、滞在目的に応じて客室がさまざまに選べるのも魅力のひとつです。

客室はコンパクト設計のため、バスルームはシャワーかユニットバスのみ。その代わりに大浴場があるのも特徴です。バスルームを最小限にすることで、少しでもベッドルームを広く見せるといった努力が見えます。最小限でありながら必要な設備や周辺環境は揃っているので、困ることはほぼありません。

宮古島特有の虫問題に対しても、市街地に立地しているためか、ほぼその脅威を感じることはありません。

サンフロンティアホテルマネジメント株式会社
ー 運営ホテル・ブランド展開 ー

ラグジュアリークラス
・四条河原町温泉 別邸 鴨川
・HIYORI オーシャンリゾート沖縄

アッパークラス
・四条河原町温泉 空庭テラス京都
・HIYORI チャプター京都
・コートヤード バイ マリオット大阪本町

アッパーミドルクラス
・たびのホテルlit宮古島

たびのホテルlit宮古島への行き方(アクセス)

エムイズム
エムイズム

ホテルへは、レンタカー・タクシー利用が断然おすすめ。
細い路地にあるため、どこの道を入っていくのか少し戸惑うかもしれません。
レンタカーの場合は、カーナビの情報が更新されていない場合も。

公共交通機関での行き方

■ 宮古空港 経由
公共バス「宮古空港」乗車
 ↓(移動 約16分)
公共バス「北給油所前」降車
 ↓(徒歩 約6分)
ホテル

■ 下地島空港 経由
公共バス「みやこ下地島空港ターミナル」乗車
 ↓(移動 約26分)
公共バス「北給油所前」降車
 ↓(徒歩 約6分)
ホテル

車での行き方・駐車場

■ 宮古空港 経由
車移動 約14分(約6km)

■ 下地島空港 経由
車移動 約28分(約16km)

※西里通りに入る道は、かなり細い道です。見落とす可能性も有り。
※カーナビの情報が更新されておらず、目的地として表示できない場合も。
 ひとまずは、繁華街「西里通り」を目指すようにしましょう。

駐車場 MAP
引用:公式HPより

■ 専用駐車場
ホテル敷地内、ホテルから約10mの場所に「第1駐車場」の2ヶ所に駐車場があります。
なお、駐車場の予約はできず、すべて先着順での案内だそうです。もし満車になってしまった場合は、近隣の臨時駐車場を案内してくれるようです。

専用駐車場

営業時間:24時間 ※常駐係員は無し
台数:60台(ホテル敷地内駐車場、第1駐車場)
料金:1,000円/1日(税込)
利用条件:
※先着順(予約不可)
※チェックイン時に車番を伝える必要あり
※料金はチェックイン時に支払う

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

客室までの行き方

西里通り沿いにあるホテルエントランスを通り、ロビーへ向かいます。

1階 ロビー

ロビーは至ってシンプル。
カウンターは2つしかありませんが、混み合うことはありませんでした。

駐車場利用のある人は、チェックイン時に車番を伝える必要があります(利用泊数分の支払いもチェックイン時に)。

エレベーターは、時間によっては1機のみ稼働。かなり待つ羽目になることも。

宿泊者無料サービス

宿泊者には、3つのおもてなしサービス(無料)が受けられます。

ハッピープレゼント

チェックインの際に、フェイスパックやバスソルト、ドリップコーヒーなど、ちょっと嬉しいプレゼントをいただけます。(1人1滞在あたりに対して1つ)

ハッピープレゼント(一例)

ウェルカムドリンクバー

提供時間 15:30~21:00

ロビーに、宮古島産島レモンを使用した「レモネード」と、「さんぴん茶」の2種類のドリンクサーバーが日替わりで置いてあります。
なお、ウェルカムとありますが、滞在中は何度でも利用できます。

ウェルカムドリンクバー

たびの特製〆お茶漬け

提供時間 21:30~23:00

オールデイダイニング「The Gozero Grill」内で、就寝前の小腹を満たしてくれる「TABINO 〆お茶漬け」が提供されています。
宮古島産なまり節の特製出汁に、好きなトッピングをセルフで入れていただけます。トッピングは、日によって微妙に変化していました。

トッピング種類(一例)
・アーサ
・アンダンスー
・つぼ漬け
・きざみ海苔
・山梅ぶし
・わさび
・しょうが
・かつおのなまり節

エムイズム
エムイズム

ここからは、各施設を紹介いたします!

宿泊した客室レビューについては、ページ下部で詳しく解説しています。

1階 SPA大浴場

大浴場

1階 ロビーフロアを奥に進むと大浴場があります。
女性用の扉にはセキュリティがあり、ルームキーをかざす必要があります(男性用の扉にはセキュリティ無し)。

宮古島にあるホテルでは、大浴場が楽しめるところは数少ないように思います。

宮古島の水は、ミネラル成分を多く含み硬度が高く、肌や髪への負担がかかる可能性もあるのだとか。が、しかし、安心してください!
ホテルで大型軟水器を用いて軟水化しているため、その心配は不要です。
湯温は少々高めで、旅の疲れもしっかりと癒やしてくれますよ(日焼けした肌にはきついかも)。

ヌメヌメとした洗い残し感があるのは、これは無理矢理に軟水化しているためです。洗い残しではないのでご安心を。

営業時間・料金

営業時間:
15:00~24:00
5:00~9:00
料金:宿泊者無料
利用条件:
※チェックアウト後も18:00までは利用可(別途タオル代 200円要)。

1階 オールデイダイニング「The Gozero Grill」

1階 オールデイダイニング「The Gozero Grill」

1階 ロビー横にあるオールデイダイニング「The Gozero Grill」(ザ・ゴーゼロ グリル)」。
木材を基調とした開放的な店内は、おしゃれなシーリングファンが映える、南国リゾートを彷彿とさせるレストラン。

宮古島の地元野菜や市場直送のシーフードを使ったハンバーガー・パスタ・タパスなどがいただけます。朝はビュッフェ、昼はカジュアルレストラン、夜はバーとして、1日を通して利用できます。

日によっては、生演奏の企画もちょくちょく行っているようです。

キッチンカウンター

朝食

朝食ブッフェ
引用:公式HPより
朝食ブッフェ メニュー(一例)
引用:公式HPより

プレート提供+ビュッフェがいただける朝食。
なにやら、3種類のご当地味噌(宮古、首里、いなむるち)を使った味噌汁が自慢なのだとか。
数品あるわけではないので、過度な期待は要注意。価格もリーズナブルなので、サッと朝食を取りたい人にうれしい内容ですね。

営業時間・料金

営業時間:
朝食   7:00~10:00(L.O. 9:30)
ランチ  11:30~14:30(L.O. 14:00)
ディナー 18:00~22:00(L.O. 食事 21:00/飲み物 21:30)
ルームサービス 18:00〜21:00
料金:1,430円(税込)
※当日でも朝食の追加可。

\\ 予約サイトで価格比較する //

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

各施設

製氷機

製氷機

各階にあります。
製氷機からは、ビー玉くらいの大きさの氷が出てきます。

製氷機下にアイスペールがあるので、それを使って客室に。
棚下にアイスペールが収納されていることについて案内は無いので、普通では気が付かないはず。

自動販売機・電子レンジ

自動販売機・電子レンジ

1階のコインランドリースペースにあります。

コインランドリー

コインランドリー

1階に各3台(洗濯機・乾燥機)あります。洗剤の投入は不要。
 ・洗濯 300円
 ・乾燥 100円/15分

ダイバーズロッカー

ダイバーズロッカー

1階 ホテル勝手口側・ホテル内駐車場側に、鍵付きのダイバーズロッカーがあります。
ウェットスーツやサーフボードなど、部屋では邪魔になったり、干せなかったりするものも、ここに置いておけば安心です。洗い槽もあるので便利。

レンタサイクル

ホテル所有のシティーサイクル自転車を借りることができます。数に限りがありため、事前にホテルへリクエストしておくと安心です。

提携レンタサイクル先「BIG JOY 宮古島」では、電動自転車を借りることができます。
予約申込の際に申込者名の頭に「たびのホテル」と記載しておくと、おおむねホテルまで自転車を持ってきてくれるそうです。事前にホテルスタッフへ相談しておくと間違い無いですね。

料金

■ シティーサイクル自転車
貸出元:たびのホテル
料金:1時間 200円
   4時間 500円
   1日 1,000円

■ 電動自転車 
貸出元:提携レンタサイクル先「BIG JOY 宮古島」
料金:24時間 1,870円
※夏シーズン(7/15〜2022/8/20)適用期間料金 24時間 3,500円

貸出備品

  • レンタサイクル(シティサイクル、電動機付自転車)
  • キッチンセット一式(フライパン、包丁、お皿、カトラリー、スポンジ、洗剤、ふきんなど)
  • ベビー用品(ベッドガード、補助便座、補助ステップ、オムツ袋、ベビーベッド、ベビーカー)
  • 延長コード
  • 変換プラグ
  • 充電器
  • PCモニター
  • ハサミ
  • 爪切り
  • ソーイングセット
  • 体温計
  • アイスノン
  • ゲーム(トランプ、UNO、人生ゲーム、オセロなど)
  • 自撮り棒
  • 洗濯ネット
  • アイロン
  • アイロン台
  • 車椅子
  • 浮き輪の空気入れ など

※洗剤 50円(コインランドリーは洗剤不要)
※タオルセット 200円(バスタオル、フェイスタオル 各1枚)

アーリーチェックイン・レイトチェックアウト

基本情報
 チェックイン  15:00
 チェックアウト 11:00

アーリーチェックイン 
※会員登録をすると対応可。客室の清掃が完了してさえすれば何時でも大丈夫のようです。

■ レイトチェックアウト 
〜15:00まで 1,000円/1時間当たり
15:00以降  当日宿泊料金1泊分加算
※客室の状況により対応可。会員登録をすると12:00までが無料に。

※「HIYORI会員」特典として、アーリーチェックイン無料やレイトチェックアウト1時間無料など。

\\ 予約サイトで価格比較する //

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

実際に宿泊した感想・評価

エムイズム
エムイズム

宿泊した客室の詳しい紹介をします。その上で、実際に宿泊して感じたこと、注意した方が良いこと、おすすめできることなど、客観的目線も入れつつリアルな感想を話していきます。
評価は、それぞれの項目を星1〜5(小数点四捨五入)で点数を付けています。

 総 合 評 価 ★★★☆☆ 3
 客室の設え ★★★★☆ 4
 接客・対応 ★★★☆☆ 3
 朝食・食事 ☆☆☆☆☆ ー
 施設・設備 ★★★☆☆ 3
 清掃・清潔 ★★☆☆☆ 2
 アクセス度 ★★★☆☆ 3
 コスパ満足 ★★★★★ 5

客室タイプ:洗濯機付きデラックスダブル

客室の特徴

洗濯機付きデラックスダブル 18平米

  • バストイレ:バストイレ別(シャワーブースのみ)
  • マットレス:シモンズ社製
  • 特 記 事 項:デスク、ソファー、乾燥機能付洗濯機、電子レンジ
洗濯機付きデラックスダブル 18平米
間取り図
引用:公式HPより

当ホテルは、すべての客室は20平米以下でありながらも無駄のない機能的な客室で、滞在を不便には感じさせません。全客室、完全遮光カーテンを採用しており、しっかり睡眠を確保できるのもありがたいですね。

客室で一番おすすめなのが「洗濯機付きデラックスダブル」。開口部の広い窓(7〜10階のみ窓が2つ有り)、洗濯機、電子レンジまで備わっています。高層階なら、遠くに海も見えて見晴らしもバッチリ。

眺望は、伊良部島・下地島方面と池間島方面が見渡せます。

コンパクトながら、十分な書斎スペースも完備。
座り心地にもこだわりを感じるチェアーが、「ワーケーションにどうぞ」と言わんばかり。

書斎スペース

アメニティは、客室には歯ブラシのみ。
一部アメニティ(ヘアブラシ、髭剃り)は、プラスチック削減の観点からロビーに設置されています。必要なものだけピックアップして客室に。
なお、綿棒は大浴場にありました。

バスルーム・トイレ・洗面スペース

設備エリア

省スペースでありながら、よくできた利便性の高い設備エリア。
ものを置けるスペースもそれなりに確保できるので、助かりました。

洗濯機や電子レンジも、これ以上でもこれ以下でも設置できないギリギリのスペース感。

洗濯機は、乾燥機能は無いので要注意。

室内で干すか、乾燥だけ共用コインランドリーでするか考えておいた方が良いです。室内でもエアコンや空気清浄機の風向きを調節してやれば十分に乾きます。

共用のコインランドリーは行ったり来たり、空いているかどうかも気にしたり、いろいろ手間になりがちです。客室にあると気にすることなく縛られることなく自分時間を有意義に楽しめますね。

洗濯洗剤はまさかの別売り(洗剤 50円/個)。自宅から持参するか、スーパーで買った方が賢いかも?

冷蔵庫は、すぐ上に電源ボタンがあるので、客室に入ったらまず「ON」にしておきましょう。

客室が18平米しかないのに、独立トイレは地味に嬉しいポイント。
バスルームは、シャワーのみ。大浴場があるので、基本こちらはメインで使いませんでした。

【注意】連泊での清掃日について

通常での連泊利用とエコプランでの連泊利用では対応が異なるようです。

通常での連泊利用の場合は、入室清掃の有無によって、特典がもらえるシステムのようです(エコプランの場合は特典無し)。

いかなる場合においても、3日間はベッドシーツと室内着は交換不可のようです。衛生的に気になる場合は、室内着は持参した方が良いかもしれません。

そのほか、詳しくは以下の館内案内をご覧ください。

通常利用での連泊の場合
エコプラン利用での連泊の場合
\\ 予約サイトで価格比較する //

エムイズム
エムイズム

各施設・設備について紹介しましたが、皆さんいかがでしたでしょうか?
まとめとして、ホテルの施設や客室の良かったところ、おそらく好みがわかれるところについて紹介・解説していきます。

◎ おすすめできるポイント

  • どこに行くにも便利な立地
    →コンビニ、スーパー、ダイソーが500m圏内にあります。繁華街や居酒屋にも徒歩圏内。宮古島中心エリアに位置するため、あちこち観光したい人の拠点として真価を発揮する。
  • 虫が苦手な人は街中のホテルがおすすめ
    →市街地・繁華街に立地しているため、虫の発生・発見確率も緩和される。大自然の中にあるリゾートホテルと街中にあるホテル、時期や苦手度によって選択することを強くおすすめする。
  • うれしい設備やサービスが充実
    →宿泊者無料のドリンクバーや出汁茶漬け、大浴場、調理器具貸出など、滞在の快適性はピカイチ。
  • 高層階からの眺望良好
    →特にコーナールームの6階以上では、島内を見渡せるロケーションも。

△ 好みがわかれるポイント

  • 客室はどこも手狭
    →すべての客室が20平米以下。荷物が多い人は、まず置き場所に苦労するかも。ベッド下に収納するなど工夫が必要。
  • 内線電話は各客室階エレベーターホールのみ設置
    →客室内に無いのが不便。面倒な場合は携帯電話から外線にかけるのも一つの手段。
  • 清掃が今ひとつ
    →家具の下、隅は埃が積もっている。
  • Wi-Fi環境が安定しない
    →速度が今ひとつ安定せず、平均して遅め。
  • 第一駐車場は街灯無し
    →夜間の出入庫は細心の注意を。
  • 製氷機の氷は小さめ
    →ビー玉ほど大きさの丸い氷が出る製氷機が各階に設置されている。アイスペールが棚下にあるのは普通では気が付かない。
  • 4日に1回しか無い入室清掃
    →基本的に入室清掃無し。タオルとゴミ交換は自力で客室外の扉前に出す必要あり。3日間はシーツと室内着の交換不可なのも要注意。
  • 設備はメンテナス不十分で劣化も見受けられる
    →客室の蛇口破損、大浴場の更衣室ロッカー施錠に難有りなど、開業して間も無いにも関わらず、故障している箇所が多々有り。
  • 洗濯機付き客室の洗濯機には乾燥機能は無し
    →乾燥機能が付いていない洗濯機が設置されているので、手動で乾かす必要有り。空気清浄機やエアコンの風を利用しましょう。急ぎの場合は、1階またはホテル近くのコインランドリーを利用するのも手。

まとめ

ホテルでゆっくり過ごすというよりも、ほとんどの時間を観光したり外で活動するような人に向いています。1日の疲れは、大浴場、シモンズベッド、遮光カーテンのおかげでぐっすり安眠できるので快適。

中心地に立地していることから、どこに行くにも便利。車であれば、与那覇前浜 約20分、池間大橋 約25分、下地空港(17END)約30分と、各方面において平均的な距離にあります。

繁華街にも近いことから、居酒屋、お土産ショップなども徒歩圏内です。朝から日中にかけては海水浴に、夕方はホテルで少し休んで、夜は繁華街を楽しむというのも王道スケジュールかなと思います。

「HIYORI オーシャンリゾート沖縄」「コートヤード バイ マリオット大阪本町」などを手がけるホテル運営会社が手がけていることもあり、サービスや設備面においても申し分無し。

宮古島では、リーズナブルな価格帯のホテルに部類されますが、安心・快適に滞在することができる価格以上のお得なホテルといえます。
リゾートホテルは予算オーバー、価格を抑えながらも過不足なく120%楽しみたいという人にドンピシャ!
滞在の目的やプラン、人数に応じて、最適解といえる客室タイプが見つかるはずです。個人的におすすめ客室は、やっぱり「洗濯機付きデラックスダブル」です。

\\ 予約サイトで価格比較する //

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

【周辺観光】割烹「ぽうちゃたつや」

ぽうちゃたつや 外観

当ホテルから徒歩で3分ほどのところにある「ぽうちゃたつや」が、宮古島を訪れる人にはぜひ立ち寄ってもらいたい地元割烹のお店です。「ぽうちゃ」とは、沖縄・多良間の言葉で「祭事の料理当番」という意味だそうです。

「店内の写真撮影お断り」ということで、料理やお店の雰囲気は掲載できませんが、とてもローカルで、地元の方からも愛されている雰囲気がありました。料理はどれも温かみがあり、丁寧に作られていて、料理への愛情を感じました。

なお、予約は訪問希望日時の「3日前」からしか受け付けていないのでお気をつけください。

【現地情報】行く前に絶対に知っておきたい宮古島の虫事情

宮古島は南国の離島かつ大自然が多く残る環境です。そのため、さまざまな生き物がたくましく育ち、本土では見たこともないような種類や大きさに成長しているものも少なくありません。

おもにゴキブリ・ハチ・クモ・ハサミムシなどと頻繁に出会すことになります。
クモは、低木によく巣を張っていました。全長20〜30cmにもなる巨大クモも見かけました。
ハチ(ミツバチ・アシナガバチ・スズメバチ)もかなり多く、ビーチ沿い、海岸でも多く見かけました。車から出る際、ドアや窓をむやみに開けっぱなしにしない方が良さそうです(虫嫌いの人のため、ここでは実際の画像を控えます)。

中でも、ハサミムシは人的危害はないものの、そこかしこに現れます。活動期は、4月〜10月。そのあたりに旅行を計画している人は要注意です。

また、雨が降り続くと虫たちは引っ込んでいてあまり見かけなくなりますが、晴れ間が続くと一気に活動を始めるようです。

虫の苦手な人は、リゾートヴィラやコンドミニアムよりも、中心地や徹底した管理や対策をしているホテルを選ぶようにしましょう。

【番外編】目的・予算別に選びたい!宮古島ホテル

宮古島 東急ホテル&リゾーツ
目の前に広がる与那覇前浜ビーチが絶景!リゾート気分でちょっとリッチなホテルステイを満喫!

エムイズム
エムイズム

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。
筆者がこれまでに宿泊したホテルについてまとめた記事「おすすめホテル ランキング」を随時更新中です。よろしければこちらも合わせてご覧ください!

【注】記事内の評価は、ブログテーマ「より豊かに、より自然に」を主軸に、ホテルに宿泊することで得られる満足度や幸福度を加味して算出しております。また、筆者が該当ホテルについて、純粋に読者におすすめできるかどうかを、これまでの経験をふまえて近隣ホテルやグループホテルと比較し、正直な感想を個人的見解で述べています。万が一、該当ホテルが低評価となった場合でも、該当ホテルそのものの価値を表すものではありません。本記事は、ホテルの価値を著しく下げる目的や誹謗中傷を目的としたものでもありません。

Xserverドメイン


★ ★ ★ おすすめ旅行サイト ★ ★ ★

公式サイトのベストレート価格よりも、実は旅行サイト経由の方がお得な場合が多い!
ぜひ、以下の旅行サイト経由で、賢くお得に旅行を計画しちゃいましょう!

国内ホテル予約サイト「一休.com」
→ 前日ギリギリまでキャンセル出来るため、予定が定まりにくい場合でも安心。毎週のようにお得なセールも開催されています。

国内ホテル・交通 総合予約サイト「じゃらん」
→ 航空券やJRとのパッケージプランがお得。現地でのツアーやアクティビティも予約できてしまう旅行の強い味方です。

国内ホテル・交通 総合予約サイト「Yahoo!トラベル」
→ ホテルだけにとどまらず、ツアーや高速バスの予約まで幅広く取り扱いがあります。各旅行会社のプランも比較もできてしまう優秀なサイト。Tポイントを貯めたり使ったりできるのも魅力的ですね。

ポイントがザクザク貯まる予約サイト「楽天トラベル(Rakuten Travel)」
→ 楽天市場をよく利用する人にはピッタリ。スーパーセール期間やクーポン、貯めたポイントを最大限に活用して、お得に宿泊予約できるのも魅力。

国内・海外旅行 総合予約サイト「JTB」
旅行といえばJTB。不安な海外旅行もしっかり安心のサポートしてくれます。「ふるさと納税」サイトで旅行クーポンを発行しているのも魅力的です。

海外旅行 総合予約サイト「Expedia」
ホテル・航空券を一括でお得に予約できるサイト「エクスペディア」。予約までのプロセスが手軽なのも魅力的です。直前の取り消しになってもキャンセル料が発生しないプランも数多くあるのがうれしいですね。

タイトルとURLをコピーしました