【大阪】ゼンティス大阪/パレスホテルの新ブランドホテル!コスパ良し・リピ必至の上質な滞在をお約束!

ホテル

こんにちは。
当ブログ管理人の「エムイズム」です。

どこにでもいる一般会社員が、“ちょっと贅沢なホテルステイ”を目的に年間50泊以上しています。その経験値をもとに、全国各地のホテル宿泊記をお届けします。写真や動画を用いて、詳しい解説とともに紹介していきます。

ホテルの評価基準については、ブログテーマの「より自然に、より豊かに」を主軸に、満足度やリピート度合いも加味して査定しています。

皆さんにとっても、素晴らしいホテルステイができることを心より応援しています。私の失敗談や、その対処法、周辺観光スポットなども紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後に
これまで紹介したホテルは、「【最新版】おすすめホテルランキング」にまとめています。こちらも併せてご参考にどうぞ!

名門パレスホテルの意思を正統継承!低価格帯で優雅な時を得るシティーユースホテル

名称:ゼンティス大阪 (Zentis Osaka)
住所:530-0004
   大阪府大阪市北区堂島浜1丁目4-26
電話:06-4796-0111

ゼンティス大阪の魅力・特徴

ホテル 外観

2020年7月、パレスホテルが展開する新ブランド「ZENTIS」の第一号店が大阪・堂島に誕生しました。
新ブランド「ZENTIS」は宿泊主体型に設計され、披露宴やパーティーなどを目的とした宴会場を持たない宿泊サービスに特化したホテルです。(レストラン貸切対応可)

母体となるパレスホテルは、東京・皇居のすぐそばに立地。その歴史は古く、1961年に開業して以来、国内外の賓客を数多く迎えてきました。また、“人と環境に優しいホテル”としても知られています。
2012年、時代の流れを受け、新たな感性を盛り込み華々しくリニューアルオープンしています。

ゼンティス大阪は、本家パレスホテルの洗練されたデザインやおもてなしの精神性を継承しながらも、非常にコストパフォーマンスの優れたホテルといえます。パレスホテル同様に環境に配慮した自然由来の素材が積極的に用いられています。

ホテルコンセプトは、「Encounters of a New Kind」。
今まで出会うことのなかった人々、ビジョン、価値観、アイディア。そんな「新しい何か」との知的邂逅がゲストに新たな息吹を与える場所を目指しているそうです。

インテリアデザインは、イギリスのタラ・バーナード氏が手がけており、親しみやすいラグジュアリー感、時代の先をいく優雅さを兼ね備えた空間に仕上がっています。

こだわりを詰め込んだホテルですが、長期でも無理なく利用できるレベルの価格帯で登場したことから、感度の高い人を惹きつけて止みません。

ゼンティス大阪への行き方

エムイズム
エムイズム

駅前といえば駅前ですが、ニッチな駅。少し不便なところにあるので、どうやってホテルまで辿り着けば良いのか事前に決めておきましょう!

一番わかりやすいのは、JR大阪駅から徒歩で南下する方法です。およそ徒歩10分でホテルに到着します。

大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」、京阪中之島線「渡辺橋駅」が最寄り駅ですが、観光利用の方があまり利用しない路線のため、土地勘のある方以外はおすすめできません

専用駐車場はありません。近隣に提携駐車場がいくつかあり、アロフト大阪堂島(徒歩2分)が最寄りで便利だと思います。
以下、公式HPからの引用とURLも貼っておきます。

○伊丹空港からのアクセス
・タクシー: 約40分
・リムジンバス: 約30分
→ハービス大阪 (大阪駅前) バス乗り場から徒歩10分

○関西国際空港から
・タクシー: 約50分
・リムジンバス: 約60分
→ハービス大阪 (大阪駅前) バス乗り場から徒歩10分

○各駅からのアクセス
・JR新大阪駅より
JR東海道・山陽新幹線「新大阪駅」よりタクシーで約15分
・JR大阪駅より
JR大阪駅 桜橋口より徒歩約12分

○電車の場合
・JR東西線「北新地駅」より徒歩約4分
・阪神「大阪梅田駅」より徒歩約9分
・阪急「大阪梅田駅」より徒歩約15分
・大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」より徒歩約7分
・大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩約10分
・京阪中之島線「渡辺橋駅」より徒歩約4分

※Zentis Osaka敷地内に駐車場はございません。周辺の提携駐車場などをご利用ください。詳細は以下の通りです。
※Zentis Osaka周辺エリアは10:00 pm – 1:00 amまで、車両進入禁止となります。

– – – – – – – – – – – – –

■ 提携駐車場
パークエステートアロフト大阪堂島駐車場
 場所:北区堂島浜 2-1-31(ホテルより徒歩2分)
 営業時間:24時間営業

宿泊料金
 入庫から24時間
  3,500円 ※提携特別料金
・時間料金
  最初の60分 800円
  以後30分毎 400円 ※通常料金

・1日最大料金
 デイユース利用
  2,200円 ※提携割引適用
 レストラン利用
  2,400円 ※通常料金

収容台数:32台
収容サイズ:長:5,3m 幅:2,05m 高:2m 重量:2,5t
収容不可車種例:センチュリー、ベンツVクラス、コンチネンタル、ロールスロイス、ハマー
精算方法:現金・PayPayのみ

→ その他の提携駐車場はこちらからご覧ください。

引用:公式HPより

\\ 予約サイトで価格比較する //

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

エムイズム
エムイズム

いよいよホテルにチェックイン!この瞬間がいつもたまらなくワクワクします。
どんな施設があるのか、どんなサービスがあるのか、紹介・解説していきます。

ロビー・エントランス

想像していたよりも、かなりコンパクトなフロントがお出迎え。
客室212戸の手続きをここですべてまかなうとなると、混雑は必至ですね。

チェックインの手続き自体はとてもシンプルでした。
館内の設備や利用の注意事項、チェックアウトの時間など、ほぼすべてショートカット。部屋番号とエレベーターの場所、Wi-Fiの接続方法のみ説明され、3分以内にはチェックインが完了したイメージです。

ロビー

ゲストラウンジ・ガーデン

フロントの横には当ホテルを象徴する景色が広がります。存在感のある中央の階段を上がった2階は、レストラン・ラウンジ・バー「UPSTAIRZ」。

ゲストラウンジは、階段は上がらず、この脇を抜けた先です。

日中は、自然光が入りとても開放的な空間です。
一方、夜になると大人なロマンチックな雰囲気に。

外のガーデンテラスも利用でき、天気の良いあたたかな日には、ぜひ日向ぼっこしてみてくださいね。

ゲストラウンジ(昼)
ゲストラウンジ(夜)

宿泊予約は「ミニバーフリーフロープラン」でアルコールも飲み放題!

大阪・地ビールやこだわりのアルコール、ソフトドリンクがすべて飲み放題の宿泊プランも期間限定で販売されていることもあります。
フリーフロープランは、朝でも、夜中でも、何度でも、部屋に持って帰っても、ゆっくりと自身のペースで楽しめるのが魅力的です。
都度購入ももちろん可能です。購入の際は近くのスタッフにリクエストしましょう。

ミニバー利用時間

営業時間:24時間
利用条件:都度購入、フリーフロープラン

ミニバー(有料)
種別名称価格
アルコール箕面ビール ペールエール1,000円
アルコール箕面ビール スタウト1,000円
アルコール箕面ビール ヴァイツェン1,000円
アルコール大阪ベイブルース1,000円
アルコールロンドン プライド1,000円
アルコール北新地ビール1,000円
アルコールカップワイン 赤500円
アルコールカップワイン 白500円
ソフトドリンク桜川サイダー300円
ソフトドリンク能勢ジンジャエール300円
ソフトドリンク山崎の水 微発泡500円
ソフトドリンク順造選 すりおろしりんご汁300円
ソフトドリンク順造選 クランベリー300円
ソフトドリンク順造選 ミックスジュース300円
ソフトドリンク順造選 ザクロクランベリー
    Mix100%
500円
ソフトドリンク順造選 ブルーベリープルーン
    Mix100%
500円
ソフトドリンク順造選 マンゴーパイン
    Mix100%
500円
ミニバー 取扱ドリンク
※すべて税込表示
客室に持ち帰り可

レストラン・ラウンジ・バー「UPSTAIRZ」

ホテル2階には、アットホームながらセンスの利いたレストラン&バーラウンジ「UPSTAIRZ(アップステアーズ)」があります。

レストランの料理長は、日本とフランスで研鑽を積んだ山田秦司氏。エグゼクティブシェフとして、東京・中目黒のミシュラン一つ星「CRAFTALE」を経営する大土橋真也氏がタッグを組んでプロデュースしているようです。繊細で美しい料理の数々にお酒も進むことでしょう。

メニュー詳細はこちら

朝食の会場もここ。ブッフェ形式ではなく、プレートでの提供。洗練されたシェフのこだわりを感じられる一品一品を味わえます。ゆったりと流れる時間が、おだやかな1日の始まりを演出してくれます。

営業時間・料金

営業時間:7:00〜23:30
 朝食:7:00〜10:00
 料金:洋食/3,888円(税サ込)
    和食/3,751円(税サ込)

各施設

フィットネスジム

フィットネスジム

ホテル2階には、宿泊者は24時間無料で利用できる簡単なフィットネスジムがあります。
スタッフの常駐がないので、気負いすることなく気軽に立ち寄ることができるのがうれしいですね。

営業時間・料金

営業時間:24時間
料金:無料
設備:ランニング 2台、バイク 1台、プーリー 1台
 ※スタッフの常駐無し
 ※更衣室・シャワー無し
 ※レンタル品無し、タオル・水のみ常備有り

多目的ルーム「Room 001」(コインランドリー・電子レンジ)

ホテル2階、フィットネスジムと隣接して多目的ルームがあります。
ここでは、コインランドリーやアイロン、電子レンジ、コーヒーマシン、読書など、宿泊者が思い思いに過ごすことができます。出かける前の身だしなみとして、香水や靴磨きセットが常備されているのもうれしいですね。

■ 主な設備
(無料)
・アイロン、アイロン台
・電子レンジ
・コーヒーマシン
・靴磨きセット(ブラシ、クリーム類)
・香水

(有料)
・コインランドリー
・自動販売機

製氷機

各フロアに設置されています。
紙コップが大きめなのもポイント高い!

アーリーチェックイン・レイトチェックアウト

基本情報
 チェックイン  15:00
 チェックアウト 12:00

アーリーチェックイン 
  ※希望する場合は、事前に電話すること。時間によっては追加料金が発生するようです。

■ レイトチェックアウト 
  ※希望する場合は、事前にリクエストしてみましょう。
  ※具体的な料金形態は見当たらず、予約プランによって異なるのかも。

一休ゴールド会員以上の場合

■ レイトチェックアウト 

 客室タイプ:Studio
  12:00以降 1時間 2,420円
 客室タイプ:Corner Studio
  12:00以降 1時間 3,620円

一休ダイヤモンド会員になる方法はこちら

\\ 予約サイトで価格比較する //

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

実際に宿泊した感想・評価

エムイズム
エムイズム

宿泊した客室の詳しい紹介をします。その上で、実際に宿泊して感じたこと、注意した方が良いこと、おすすめできることなど、客観的目線も入れつつリアルな感想を話していきます。
評価は、それぞれの項目を星1〜5(小数点四捨五入)で点数を付けています。

 総 合 評 価 ★★★☆☆ 4
 客室の設え ★★★★☆ 4
 接客・対応 ★★★★☆ 4
 朝食・食事 ☆☆☆☆☆ ー
 施設・設備 ★★★★☆ 4
 清掃・清潔 ★★☆☆☆ 2
 アクセス度 ★★★☆☆ 3
 コスパ満足 ★★★★★ 5

客室タイプ:Studio(ステュディオ)

客室の特徴

Studio(ステュディオ) 25平米

  • バストイレ:シャワーブースのみ、トイレ内洗面スペース
  • マットレス:シーリー社製
  • 特 記 事 項:ソファー、デスク、フローリング
          バスアメニティ「HUNTER.LAB」オーストラリア製
          今治タオル
Studio 25平米

25平米の比較的コンパクトな客室ですが、体感としては30平米くらいでした。
大きい窓、無駄に壁を設けず不便さを感じさせることなく機能的に設計された水回りは秀逸。

客室壁面にはアートワーク作品が一際目をひきます。これは、アーティスト・江原正美氏がホテルコンセプトからインスパイアして生み出した作品です。とても良いアクセントになっています。

家具・ファブリックともに妥協は無く、美しく洗練され、おしゃれで気効いた仕上がり。

ベッドは、ゆっくり沈み込んでいくような絶妙な硬さのマットレスが採用。ピローもふかふかで、睡眠導入はバッチリといったところでした。

客室図面(一例)
引用:公式HPより

設備には、Francfranc(フランフラン)の加湿器があったりと細部にまでこだわりを感じます。
ルームウェアは着心地と肌触りが良く、さすがパレスホテルブランドといったところでした。

客室内テレビに、AppleTVが常設されているのも気が利いていてgood!

眺望に関しては、今ひとつの南向き。ビルの隙間からフェスティバルタワービューでした。
東向きは中之島公会堂方面ビュー、北向きは大阪駅方面ビューが楽しめるみたいなので、次回はそっちを体験してみたいところ。

バスルーム・トイレ・洗面スペース

コンパクトにまとめられた水回り。
バスルームはシャワーのみ、トイレの中に洗面スペースがあるという独創的なつくり。

バス・トイレエリア

アメニティは、紙パッケージで環境に配慮していることがうかがえます。
バスアメニティ「HUNTER.LAB」オーストラリア製で、クルエルティーフリー、パラベンフリーなどと表記されていました。
タオル類は、今治タオル製で、吸水性も良く包み込むようなやわらかさで幸せな気持ちにさせてくれます。

寝室とシャワールームを間仕切るのは、ロールスクリーンのみ
客室入口側のガラス張り部分は、目隠しは無いので常に丸見えです。
これはさすがに気の知れた人との宿泊以外は、かなり気まずいことになりそう。

友人や家族と計画中の方で、ちょっと不安のある方は、バスタブ洗い場付きの客室「Corner Studio(コーナーステュディオ)」「Suite(スイート)」もあるので、そちらを利用することをおすすめします。

ロールスクリーンを降ろした場合
エムイズム
エムイズム

各施設・設備について紹介しましたが、皆さんいかがでしたでしょうか?
まとめとして、ホテルの施設や客室の良かったところ、おそらく好みがわかれるところについて紹介・解説していきます。

◎ おすすめできるポイント

  • 価格以上の上質な滞在が可能
    →ファブリックやアメニティなど、肌に触れるものから伝わるラグジュアリー感がある。
  • 丁寧でスマートな接客
    →過度なことは言わず、必要最低限に留めた案内やコミュニケーションが良い距離感。
  • ミニバーフリーフロープランがお得
    →地ビールやワイン、スムージー、ソフトドリンクなど、欲しいものを欲しいだけ24時間楽しめるのがうれしい。プランが出ていたらぜひ!
  • 食事する場所に困ることはない
    →ホテル内レストランのほか、徒歩1分でコンビニエンスストア、徒歩3分で北新地、徒歩10分で大阪・梅田の中心地にアクセス可能。

△ 好みがわかれるポイント

  • カーテンは遮光性に欠ける
    →遮光カーテンではない模様。朝日がしっかり入り、自然と目が覚める。光に弱い方はアイマスク必須
  • 廊下に漏れる室内の声
    →客室のドアから寝室が近いこともあり、廊下に声が漏れやすい。聞かれているのでは?と迷惑になっていないか心配になる。
  • シャワールームのプライバシーは皆無
    →他のエリアとの間仕切りは、ロールスクリーンのみ。おまけに反対側のガラス張りは丸見え状態。裸の付き合いができないレベルの人との同室利用時は、バスタブ付き客室を選ぶのがベター。
  • 駅から近いようで不便な立地
    →アクセスが良いようで悪い場所。どこの駅からも微妙に遠い。土地勘がある方は問題なくたどり着けるが、初めての土地という方は迷うかも。
  • 清掃はもう一踏ん張り
    →窓ガラスに付着した油脂、ヘッドボードに付着した口紅、ルームウェアのファンデーションなど、少し残念であった一面も。埃に関しては、隅々まで清掃が行き届いていた。

まとめ

上質で良い暮らしを求める人、日頃から感度が高くおしゃれなスポットや本質的な豊かさを追求している人におすすめしたいホテル。

客室の設備、アメニティなどの素材はどれも高級感があり、シティーユースのホテルとは思えないラグジュアリーさを演出しています。

利用する客層は、40代以下が中心?
比較的に穏やかな方が多く、ラウンジ利用時も落ち着いた雰囲気で、安心して滞在することができました。

ホテルの欠点といえば、立地だけがネック。しかしながら、それを挽回するだけのプラス要素に溢れたホテルといえます。

「高級ホテルはちょっと気疲れしちゃうから苦手。カジュアルさもあって上質、高級感のあるホテルに滞在したい!」という、わがままな消費者の心をしっかり満たしてくれます。
また、「今週末はリフレッシュしたい!」と思い立ったら躊躇することなく利用できる価格帯がうれしい、非常にコスパに優れたお得感のあるホテルです。
ビジネス利用はもちろんのこと、ちょっとした旅行やデートにも使い勝手の良いホテルではないでしょうか。

\\ 予約サイトで価格比較する //

【おまけ】一休ダイヤモンド会員特典

ゼンティス大阪は、一休ダイヤモンド会員特典の適用されるホテルです。そのため、ダイヤモンド会員の方は無条件で下記の恩恵を受けることができます。

一休ダイヤモンド会員特典
引用:一休HPより
一休ダイヤモンド会員特典

・アーリーチェックイン 14:00から
・レイトチェックアウト 13:00まで
・ゲストラウンジの有料ドリンクサービス(1人1本まで)

一休ダイヤモンド会員になる方法はこちら

エムイズム
エムイズム

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。
筆者がこれまでに宿泊したホテルについてまとめた記事「おすすめホテル ランキング」を随時更新中です。よろしければこちらも合わせてご覧ください!

【注】記事内の評価は、ブログテーマ「より豊かに、より自然に」を主軸に、ホテルに宿泊することで得られる満足度や幸福度を加味して算出しております。また、筆者が該当ホテルについて、純粋に読者におすすめできるかどうかを、これまでの経験をふまえて近隣ホテルやグループホテルと比較し、正直な感想を個人的見解で述べています。万が一、該当ホテルが低評価となった場合でも、該当ホテルそのものの価値を表すものではありません。本記事は、ホテルの価値を著しく下げる目的や誹謗中傷を目的としたものでもありません。

Xserverドメイン


★ ★ ★ おすすめ旅行サイト ★ ★ ★

公式サイトのベストレート価格よりも、実は旅行サイト経由の方がお得な場合が多い!
ぜひ、以下の旅行サイト経由で、賢くお得に旅行を計画しちゃいましょう!

国内ホテル予約サイト「一休.com」
→ 前日ギリギリまでキャンセル出来るため、予定が定まりにくい場合でも安心。毎週のようにお得なセールも開催されています。

国内ホテル・交通 総合予約サイト「じゃらん」
→ 航空券やJRとのパッケージプランがお得。現地でのツアーやアクティビティも予約できてしまう旅行の強い味方です。

国内ホテル・交通 総合予約サイト「Yahoo!トラベル」
→ ホテルだけにとどまらず、ツアーや高速バスの予約まで幅広く取り扱いがあります。各旅行会社のプランも比較もできてしまう優秀なサイト。Tポイントを貯めたり使ったりできるのも魅力的ですね。

ポイントがザクザク貯まる予約サイト「楽天トラベル(Rakuten Travel)」
→ 楽天市場をよく利用する人にはピッタリ。スーパーセール期間やクーポン、貯めたポイントを最大限に活用して、お得に宿泊予約できるのも魅力。

国内・海外旅行 総合予約サイト「JTB」
旅行といえばJTB。不安な海外旅行もしっかり安心のサポートしてくれます。「ふるさと納税」サイトで旅行クーポンを発行しているのも魅力的です。

海外旅行 総合予約サイト「Expedia」
ホテル・航空券を一括でお得に予約できるサイト「エクスペディア」。予約までのプロセスが手軽なのも魅力的です。直前の取り消しになってもキャンセル料が発生しないプランも数多くあるのがうれしいですね。

タイトルとURLをコピーしました