【大阪】W大阪/アート芸術感度高めの方におすすめ高級ホテルNo.1!好奇心を刺激されること間違い無し!

ホテル

こんにちは。
当ブログ管理人の「エムイズム」です。

どこにでもいる一般会社員が、“ちょっと贅沢なホテルステイ”を目的に年間50泊以上しています。その経験値をもとに、全国各地のホテル宿泊記をお届けします。写真や動画を用いて、詳しい解説とともに紹介していきます。

ホテルの評価基準については、ブログテーマの「より自然に、より豊かに」を主軸に、満足度やリピート度合いも加味して査定しています。

皆さんにとっても、素晴らしいホテルステイができることを心より応援しています。私の失敗談や、その対処法、周辺観光スポットなども紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後に
これまで紹介したホテルは、「【最新版】おすすめホテルランキング」にまとめています。こちらも併せてご参考にどうぞ!

写真映え必至!安藤忠雄氏の建築とデザイナーの妙技に心躍る

名称:W大阪
住所:542-008
   大阪市中央区南船場4丁目1-3
電話:06-6484-5355

W大阪とは(魅力・特徴)

 総 合 評 価 ★★★☆☆ 3
 客室の設え ★★★★☆ 4
 接客・対応 ★★★☆☆ 3
 朝食・食事 ☆☆☆☆☆ ー
 施設・設備 ★★★☆☆ 3
 清掃・清潔 ★★★★☆ 4
 アクセス度 ★★★★☆ 4
 コスパ満足 ★★☆☆☆ 2
 ※小数点以下、四捨五入により算出

ホテルの魅力はこれ!
  • 海外さながらのオシャレ過ぎる異空間
  • 大阪中心地や繁華街にもアクセスしやすい
  • 広い窓ガラスからダイナミックな大阪の景色
ホテル 外観

2021年3月、日本初出店となる「Wホテルズ」ブランド「W大阪(ダブリューオオサカ)」が開業しました。開業時から、意識の高いツーリストたちの心を掴んで離しません。

W大阪ホテルは、世界的にも有名な建築家・安藤忠雄氏(大阪出身)がデザインを手掛けているというから驚き。無骨なビルの外観は、真っ黒、「W」の文字が象徴的です。その反面、一歩中に入ると、鮮やかな色彩やネオン、こだわりを感じるインテリアに終始刺激を受けます。

立地は、大阪駅から御堂筋線で3駅。観光&遊びに特化したエリア「心斎橋」「なんば」も徒歩圏内です。

海外のホテルらしいデザインでありながらも、和のエッセンスもしっかり感じます。ラグジュアリーで堅苦しいのではなく、遊び心も兼ね備えた絶妙感。とても心地よい空間に仕上がっているホテルでしょう。

W大阪への行き方(アクセス)

エムイズム
エムイズム

ホテル駐車場は先着順なので要注意。公共交通機関の利用でも不便さは感じません。ビルが特徴的なので見つけやすい。

公共交通機関での行き方

大阪駅・関西国際空港からの最寄り駅
 大阪メトロ 御堂筋線「本町駅」「心斎橋駅」 徒歩 約7分(約450m)

車での行き方・駐車場

料金:5,000円(バレーサービス)
台数:76台(車長 5.3 m/車幅 2.0 m/車高 2.0 m)
※バレー式機械駐車場
※予約不可(先着順)

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

客室までの行き方

エムイズム
エムイズム
 
 

ここからは、各施設を紹介します。

宿泊した客室レビューについては、ページ下部で詳しく解説しています。

ホテル 外観

大阪メトロ 御堂筋線「本町駅」から地上に出て、少し南下していると突然現れる黒いビル。
ビルの地上階にも存在感たっぷりの「W」シンボルがお迎えしてくれます。すでにこの時点でテンションが上がります。
ホテル 入口(御堂筋側)

昼はおとなしめですが、夜になると御堂筋側に加え裏側の車寄せもライトアップされ、とても華やか。
ホテル 入口(御堂筋側)

御堂筋側の入口を抜けると、鮮やかな色のネオンに包まれるアプローチ。
これからどんな場所へ、どんなホテルステイが待っているのかと、訪れた人の期待値をグッと上げてくる演出が憎い。
ホテル アプローチ(御堂筋側)

ホテル 入口(佐野屋橋筋側)

アプローチのトンネルを抜けると、1階エントランスへ。
幾何学的な直線と曲線の対比、照明による陰影、それぞれのコントラストが美しくまとまっていて、意外と落ち着ける空間に仕上がっています。

1階 エントランス

1階 エントランス

1階エントランスからエレベーターで3階へ(エレベーター内の演出も小技が)。
ホテルの入口からチェックインカウンターまで、まるで宇宙のホテルにこれから泊まるのだろうかと錯覚するような、コロコロと様変わりする空間演出が刺激的です。
3階 チェックインカウンター(夜Ver)

1階〜3階専用 エレベーター(夜Ver)

ロビー階にはカフェブースもあり、提灯をモチーフにした照明があったり、幾何学的な模様のネオンが装飾されていたりと、こちらも遊び心がたっぷり。
ロビー階は、全体的に白が基調とされ、天井も高く、開放的で広々とした印象を受け、パブリックエリアとしての意味合いを強く感じます。
3階「LIVING ROOM」(日中)

3階 客室行きエレベーター

客室階 エレベーターホール

客室フロアは、安心感を与えるよう色が抑えられています。黒系ベース+ショッキングピンクがアクセントになっています。
客室階 通路

全館 フロアマップ

4階「WET(プール&ラウンジ)」

4階「WET」

ガラス張りのプールが印象的。動物園や水族館の生き物を観察している気分に。
プールの利用は、宿泊者だからといって無料で利用できるわけではありません。
マリオットボンヴォイのチタンエリートやアンバサダーエリート、スイートルーム宿泊者のみ無料です。

プール&ラウンジ 情報

営業時間:6:00〜22:00
料金:大人 6,325円
利用条件:スイートルーム宿泊者は無料で利用可

3階 ブラッセリー「Oh.lala…」

3階「Oh.lala…」

2021年版「アジアのベストレストラン50」で8位に輝き、ミシュラン2つ星を獲得しているフレンチの名店「La Cime(ラ・シーム)」の高田裕介シェフが監修したレストラン。
朝食会場でもあり、日中は陽光が差し込みとても開放的な空間です。
健康志向で上質なブッフェがラインナップされ、清々しい朝を迎えるにはもってこい。

朝食 情報

営業時間:
 朝食  7:30~10:30(L.O.10:00)
 ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
 ディナー 17:00~20:00(L.O.18:00)

料  金:
・朝食
 大人 4,800円(税サ込)
 子供 3,000円(税サ込)

\\ 予約サイトで価格比較する //

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

各施設

4階「FIT(フィットネス)」

4階 WETと同フロアにある宿泊者なら誰でもいつでも利用可能なジム「FIT(フィット)」。器具もスペースも十分に揃っています。

2階 ジム 全体

2階 ジム 全体

2階 ジム前 通路

2階 ジム 入口

アメニティ

利用条件

営業時間:24時間
料  金:無料
利用条件:宿泊者のみ
レンタル:(有料)
パーソナルトレーニング、レンタルウェア
設  備:
ウェイトマシン、エクササイズバイク、エクササイズ器具、エリプティカルマシン、ステアクライマー、トレッドミル、フリーウェイト、ローイングマシーン、有酸素運動マシンほか

製氷機

ありません。スタッフの人が客室まで持ってきてくれます。

電子レンジ

ありません。

コインランドリー

ありません。

貸出備品

貸出備品 空気清浄機

加湿機能付き空気清浄機は客室常設ではありません。
必要な方は数に限りがあるので早めに貸し出し希望のリクエストを。

アーリーチェックイン・レイトチェックアウト

基本情報
 チェックイン  15:00
 チェックアウト 12:00

アーリーチェックイン 
※宿泊プランや条件によって異なるため、ホテルスタッフに確認をお願いいたします。

■ レイトチェックアウト 
※宿泊プランや条件によって異なるため、ホテルスタッフに確認をお願いいたします。

\\ 予約サイトで価格比較する //

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

エムイズム
エムイズム

ここからは、実際に宿泊した客室タイプについて詳しく紹介していきます。

客室:コージー キングルーム(ダブル)

客室の特徴

コージー キングルーム(ダブル) 40平米 ※6〜17階

  • バストイレ:バストイレ別
  • マットレス:シモンズ社製
  • 特 記 事 項:ソファー、ビューバス、バーカウンター

客室 全体 コージー キングルーム(ダブル) 40平米

カラフルでPOPなインテリアを、落ち着きのあるウッディー調で絶妙にまとめられた客室。55型の薄型テレビと広くとられた窓から広がる大阪のダイナミックな眺望は、都会的でスタイリッシュな印象を受けます。
客室からの眺望(昼・南側)

客室からの眺望(昼・南側)

室内照明は、読書モード、ナイトモード、エスケープモードなど、さまざまなシーンに合わせたパターンが組まれているため、その時々にぴったり合う環境を演出することができます。
客室からの眺望(夜・南側)

客室からの眺望(夜・南側)

クローゼット

大阪の活気ある街の様子が描かれたクローゼット。
スタイリッシュな室内とは異なり、ド派手。遊び心があり、感性を刺激します。
クローゼット 備品

ミニバー 全体

冷蔵庫は有料ドリンクが占拠しているため、冷蔵物を購入したい場合は要注意。
ミニバー・冷蔵庫

ミニバー

ミニバー

W大阪限定パッケージの無料ミネラルウォーターとプリッツが可愛い。
ミニバー

バーカウンター

玄関入ってすぐには景色を眺められるバーカウンター兼デスクワークスペース。
コンセントもしっかりあるので便利です。
バーカウンター コンセント

ベッド脇 コンセント

ベッド脇 設備

室内着

客室階 フロアマップ

バスルーム・トイレ・洗面スペース

水回り 全体

W大阪のビル外観のイメージに近い、モノクロで硬派なインテリアデザイン。
使いやすさよりもフォルムの美しさを優先した洗面台です。
ゴミ箱は「ここに捨てていいの?」とためらってしまうほど、美しくまとめられています。
洗面スペース

アメニティ

アメニティ

シャワールーム

大阪の景色を楽しみながら入れるバスルームと、実用的なシャワールーム。
読書やお酒を飲みながら、ゆっくり時間を過ごすのも素敵です。
バスアメニティ

トイレ

\\ 予約サイトで価格比較する //

評価・感想

エムイズム
エムイズム

実際に宿泊して感じたこと、注意すべきこと、おすすめできることなど、感想と評価内容についてまとめて解説します。

 総 合 評 価 ★★★☆☆ 3
 客室の設え ★★★★☆ 4
 接客・対応 ★★★☆☆ 3
 朝食・食事 ☆☆☆☆☆ ー
 施設・設備 ★★★☆☆ 3
 清掃・清潔 ★★★★☆ 4
 アクセス度 ★★★★☆ 4
 コスパ満足 ★★☆☆☆ 2

 ※小数点以下、四捨五入により算出

◎ おすすめできるポイント

  • 感性が磨かれる建築とインテリアに触れられる
    → ホテルを訪れてチェックアウトするまで、全てが刺激的かつ遊び心に溢れている。
  • 大阪市内の観光に適した立地
    →「大阪駅」「心斎橋」「なんば」エリアにアクセスしやすく、伊丹空港や関西国際空港も電車の乗り換えも少なく便利。
  • 気分を上げたい時に元気をくれるホテル
    → 悩み事も吹っ飛ばしてくれるような、異次元の空間。落ち込んだときに選ぶと良いかも。

△ 好みがわかれるポイント

  • 利用者は若年層&アジア渡航者が多め
    → ホテル内は、落ち着いた雰囲気というよりもワイワイと活気のある印象を受ける。パリピの集うクラブに近い。
  • 客室の冷蔵庫には何も入れられない
    → 有料ドリンクで埋め尽くされているため買ってきた冷蔵品は入らない。
  • 客室の空調は28度以上にすると暖房に切り替わる
    → ちょっと寒いなと温度を上げるといつの間にか暖房になっているので要注意。
  • スタッフの接客はカジュアルでフレンドリー
    → 高級ホテルの堅苦しさは感じさせない。気軽に会話できる間合いと捉えられるか、失礼な人と捉えられるかは際どいライン。
  • 客室の清掃が行き届いていない部分も
    → 棚下やベッド下など、もう少し努力が必要な部分も見受けられた。水回りはバッチリ。

まとめ

大阪にあるホテルの中では、ラグジュアリーホテルの上位に君臨しています。他を寄せ付けない唯一無二の存在感を放ち、多くの人を魅了し続けています。
有名建築家と海外デザイナーが手がける美しい空間とあり、気合いの入り方を肌で感じることができます。

正直なところ価格設定はお高め。ラウンジがあるわけでもなく、プールは宿泊者であっても基本的には有料。価格帯から評価すれば、施設、客室、接客、朝食、付随サービスなど、どれも他を圧倒する価値があるわけでもありません。

まるで美術館を訪れるような、そして先端アートに触れるような、「美しい建築、インテリアを体験する」ところに最大の価値があるホテルといえます。
ホテルが一つのアミューズメントであり、ホテルの滞在が観光の目的とする人も少なくないはずです。大阪旅行の思い出にも強く残ることでしょう。
活気ある大阪の街に刺激を求め、滞在するホテルにある刺激もぜひ求めてみてください。

\\ 予約サイトで価格比較する //

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

【おまけ】一休ダイヤモンド会員特典

一休ダイヤモンド会員限定特典
引用:一休HPより

レイトチェックアウトに加え、プールを無料で利用できる特典が付与されるのは地味にうれしいところです。

一休ダイヤモンド会員特典
  • レイトチェックアウト 13:00まで
  • WET(プール)への無料アクセス(1部屋2名まで/1名1回まで利用可)

 一休ダイヤモンド会員になる方法はこちら

【おまけ】マリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員特典

スタンダードクラスの1室 5〜9万円のホテルですが、しっかり特典を受けることができます。
無料宿泊特典の候補地にも最適。48000〜65000ポイントあたりで1泊可能です。

ゴールドエリート会員特典
  • レイトチェックアウト 14:00まで
  • 客室の無料アップグレード
  • ウェルカムギフト

エムイズム
エムイズム

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。
筆者がこれまでに宿泊したホテルについてまとめた記事「おすすめホテル ランキング」を随時更新中です。よろしければこちらも合わせてご覧ください!

【注】記事内の評価は、ブログテーマ「より豊かに、より自然に」を主軸に、ホテルに宿泊することで得られる満足度や幸福度を加味して算出しております。また、筆者が該当ホテルについて、純粋に読者におすすめできるかどうかを、これまでの経験をふまえて近隣ホテルやグループホテルと比較し、正直な感想を個人的見解で述べています。万が一、該当ホテルが低評価となった場合でも、該当ホテルそのものの価値を表すものではありません。本記事は、ホテルの価値を著しく下げる目的や誹謗中傷を目的としたものでもありません。


★ ★ ★ おすすめ旅行サイト ★ ★ ★

公式サイトのベストレート価格よりも、実は旅行サイト経由の方がお得な場合が多い!
ぜひ、以下の旅行サイト経由で、賢くお得に旅行を計画しちゃいましょう!

国内ホテル予約サイト「一休.com」
→ 前日ギリギリまでキャンセル出来るため、予定が定まりにくい場合でも安心。毎週のようにお得なセールも開催されています。

国内外ホテル・航空券・レンタカー・現地ツアー総合予約サイト「trip.com」
→すべてが1つのサイトで完結してしまうため、予約の状況が把握しやすく便利でわかりやすい。お得なセール商品も隠れているので掘り出し物を見つけてみてください。

国内ホテル・交通 総合予約サイト「じゃらん」
→ 航空券やJRとのパッケージプランがお得。現地でのツアーやアクティビティも予約できてしまう旅行の強い味方です。

国内ホテル・交通 総合予約サイト「Yahoo!トラベル」
→ ホテルだけにとどまらず、ツアーや高速バスの予約まで幅広く取り扱いがあります。各旅行会社のプランも比較もできてしまう優秀なサイト。Tポイントを貯めたり使ったりできるのも魅力的ですね。

ポイントがザクザク貯まる予約サイト「楽天トラベル(Rakuten Travel)」
→ 楽天市場をよく利用する人にはピッタリ。スーパーセール期間やクーポン、貯めたポイントを最大限に活用して、お得に宿泊予約できるのも魅力。

国内・海外旅行 総合予約サイト「JTB」
旅行といえばJTB。不安な海外旅行もしっかり安心のサポートしてくれます。「ふるさと納税」サイトで旅行クーポンを発行しているのも魅力的です。

海外旅行 総合予約サイト「Expedia」
ホテル・航空券を一括でお得に予約できるサイト「エクスペディア」。予約までのプロセスが手軽なのも魅力的です。直前の取り消しになってもキャンセル料が発生しないプランも数多くあるのがうれしいですね。

error:Content is protected
タイトルとURLをコピーしました