【クレカ】SPGアメックス JAL・ANA陸マイラーにも高還元率のクレジットカード

旅行

※お知らせ※
SPGアメックスカードは、2022年2月23日で申込受付終了となります。
同年2月24日以降、マリオットボンヴォイアメックスカードへ完全移行。

マリオットボンヴォイアメックスカードについての比較記事はこちら

マイルが貯まる!お得に旅行!
無料宿泊特典など特典満載の最強おすすめクレジットカード

「“SPG”って最近よく聞くけど、本当にお得なの?」と思ったことはありませんか?

旅行が大好き、ホテルステイが大好きという方には、もはや必携!そして、最適解ともいえるクレジットカードをご紹介いたします。
実は私も、1年くらいは本カードの高額年会費に入会を悩みましたが、今思えばもっと早くに申し込んでいればと後悔しています。
私がしたような後悔を皆さんにはしてもらいたくない!ということで、実際に使い続けている生の感想を包み隠さずお伝えいたします。

SPGアメックスとは?

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス® カード
年会費 34,100円(税込) / 家族カード 17,050円(税込)

本カードは、“今までにない優雅な旅を体験する”ことをキャッチコピーに提供されています。

クレジットカード券面
引用:AMERICAN EXPRESS公式HP

SPGとは?

スターウッドプリファードゲストの略称です。
2019年2月13日、「マリオット リワード」、「ザ・リッツ・カールトン・リワード」、「スターウッド プリファード ゲスト(SPG)」のホテルプログラムが統合となり「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)」へ名称を新たにグループ化されました。

海外でのクレジットカード券面には、すでに「SPG」の名は消え、新券面に刷新されています。
かなりスマートな券面なので、所有欲が掻き立てられます。
ゆくゆくは、日本も変更になるのではと踏んでいますが、現段階では発表もないためまだ先のようです。

Marriott Bonvoy Brilliant American Express® Card

クレジットカード券面
引用:AMERICAN EXPRESS公式HP

SPGアメックスの魅力

メリットとデメリットを簡単にご紹介いたします。
後ほどそれぞれの押さえておいてほしい点について深掘りいたします。

メリット

  • Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)の会員資格「ゴールドエリート」が付与される
  • 毎年のカード継続ごとに無料宿泊特典が付与される(入会初年度は付与なし)
  • 国内外空港ラウンジ(ゴールドカードラウンジ)の利用が可能
  • 高還元率 1.00〜1.25%
  • ポイントが実質無期限で貯められる
  • JALやANAのほか多くの海外航空会社のマイルへ移行可能
  • 手厚い海外保険(一部利用付帯)、国内保険(利用付帯)

デメリット

  • 年会費が高い
  • 旅行やホテルを利用しない人にはそれほど価値を感じない特典が多い
  • プライオリティパス、コンシェルジェサービスは付帯していない
  • VISA、MasterCardに比べて利用できる店舗が半減する(海外は特に)


以上から、「マイルを駆使して飛行機での旅行がしたい」「高級ホテルに宿泊したい」「Marriott Bonvoy加盟ホテルでベネフィットを受けたい」といった方には特におすすめしたいクレジットカードです。

特典内容

本カードは、ホテルマリオットグループに宿泊することでポイントが多く貯まったり、いろいろな優遇を得られたりします。
また、決まったポイント数を一気にマイルへ移行するとボーナスマイルが付与される、“マイルの貯まるクレジットカード”としても広く知られるようになりました。

それでは、押さえておきたい特典についてご紹介していきます。
どれも魅力的ですので、もし本カードを作成された折には、使い倒してくださいね。

Marriott Bonvoy ゴールドエリート会員 資格付与

本カードに入会で、自動的に付与される資格「Marriott Bonvoy ゴールドエリート」が無条件に与えられます。
通常、この資格を得るためには、年間で25泊が必要となります。
維持するためには毎年達成する必要があり、日常的にマリオットグループのホテルを利用する人でない限りはハードルの高いものです。
それが年会費34,100円だけで、永続的に付与されているため、かなりありがたい話です。

Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)とは?

  • 世界各国の有名ホテル加盟する大規模ホテルグループ
  • 加盟ホテルでは優待プログラムも多数提供されている


現在では、約30ホテルブランドがMarriott Bonvoyに加盟。Marriott Bonvoyでは、年間の宿泊数に応じて会員ランクが決定。ランク毎の特典が用意されています。
Marriott Bonvoyの対象ホテルは世界約7500以上。日本国内だけでも約60ホテルがプログラムの対象。
有名なところでは、「マリオットホテル」「ザ・リッツカールトンホテル」「Wホテル」「シェラトンホテル」「セントレジスホテル」などが挙げられます。

Marriott Bonvoy 加盟ホテル一覧
引用:公式メールマガジンより
会員ランク年間宿泊数
スタンダード0〜9泊
シルバーエリート10泊
ゴールドエリート25泊
プラチナエリート50泊
チタンエリート75泊
アンバサダーエリート100泊+対象利用金額2万米ドル
会員ごとの必要宿泊数
Marriott Bonvoy ゴールドエリート 特典内容
  • 滞在ごとに25%のボーナスポイント
  • レイトチェックアウト 14:00まで
  • 客室の無料アップグレード
  • ホテル利用で、ゴールドウェルカムギフト 250〜500ポイントプレゼント
  • 無料の高速インターネット利用サービス
  • 完全予約保証
  • 会員限定料金

Marriott Bonvoy プラチナエリート会員資格を目指す方にも嬉しい特典!

新規入会・継続時に、5泊分の宿泊実績が付与されます。

レストラン・バー 15%割引

日本のほか、グアム、モルディブ、シンがポール、タイなどのアジア太平洋地域にある2,700軒以上のレストランやバーでのご飲食代金から15%割引を受けられます。
加えて、ホテルへの宿泊の有無に関わらず利用額(1米ドル=最大10ポイント)も獲得が可能です。
高級ホテルからカジュアルホテルまであるので、ビジネスでの商談利用にも、記念日などの特別な日にも重宝する特典です。
こちらからお近くの対象レストラン・バーをご確認ください。

国内外 空港ラウンジサービス

ゴールドカードと同等のランク付けがされており、国内28、海外1の空港ラウンジを同伴者1名も無料で利用することが可能です。

なお、海外の空港ラウンジをよく利用される方には気になるプライオリティパスについては、残念ながら本カードには特典としてありません。

地域空港ラウンジ
北海道
東北
新千歳空港
函館空港
青森空港 
秋田空港
仙台国際空港
関東羽田空港 第1ターミナル
羽田空港 第2ターミナル
羽田空港 第3ターミナル
成田国際空港 第1ターミナル
成田国際空港 第2ターミナル
中部
北陸
新潟空港
富山空港
中部国際空港
小松空港
近畿伊丹空港
関西国際空港
神戸空港
中国
四国
岡山空港
広島空港
米子空港
山口宇部空港
高松空港
松山空港
徳島空港
九州
沖縄
北九州空港
福岡空港
長崎空港
大分空港
熊本空港
鹿児島空港
那覇空港
海外(ハワイ)ダニエル・K・イノウエ国際空港
利用可能空港一覧

無料宿泊特典

エムイズム
エムイズム

SPGアメックスカードのメイン特典であり醍醐味ともいえる「無料宿泊特典」については、他の特典とは別立てで紹介していきます。
少し難しい話が続きますが、この魅力的なシステムをぜひ会得して使い倒しちゃいましょう!

本カードの更新毎に無料宿泊特典として、50,000ポイントが付与されます。
世界各地のMarriott Bonvoy加盟ホテルが対象で、1泊1室、なんと2名までの宿泊が無料となります。
なお、入会初年度には付与されないのでご注意ください。

添い寝可能なお子さん利用については、追加料金無し、無料で宿泊可能です。
年齢上限は、各ホテルの規定によりますのでお問合せください。
およそ6歳以下、中には12歳以下が対象のホテルもあるようです。

無料宿泊特典利用の宿泊でもゴールドエリート会員特典が適応!
  • レイトチェックアウト 14:00まで
  • 客室の無料アップグレード
  • ホテル利用で、ゴールドウェルカムギフト 250〜500ポイントプレゼント
  • 無料の高速インターネット利用サービス

ホテルカテゴリーについて

無料宿泊特典やマリオネットボンヴォイポイントを利用するうえで「カテゴリー」というシステムが重要になってきます。(※2022年3月以降、カテゴリー制度は廃止予定)

カテゴリーとは、ホテルごとに設定されたランク(グレード)で、ラグジュアリーホテルやビジネスホテル、シティーホテルなどの分類がより細分化されています。
数字が大きくなるほどラグジュアリーホテルで、小さくなるほどシティーホテルといったイメージです。

カテゴリーごとに必要ポイント数が異なり、オフピーク(閑散期)、スタンダード(通常時)、ピーク(繁忙期)の3種類に分類され、それぞれにポイント数が決められています。
なお、オフピークやピークなどの判定基準はそれぞれのホテルで異なります。

カテゴリーオフピーク(閑散期)スタンダード(通常時)ピーク(繁忙期)
15,0007,50010,000
210,00012,50015,000
315,00017,00020,000
420,00025,00030,000
530,00035,00040,000
640,00050,00060,000
750,00060,00070,000
870,00085,000100,000
カテゴリー別 必要ポイント数
※無料宿泊特典で宿泊が可能な範囲は赤字で記載

トップオフ制度とは

2022年初めごろより「トップオフ制度」が導入される予定です。
これまで無料宿泊特典では、50,000ポイント以下に限られたホテルでしか宿泊ができませんでしたが、この制度が導入されることで、無料宿泊特典分50,000ポイント+所持分15,000ポイント=合計65,000ポイントまでのホテルが対象となります。

例えば、カテゴリー7の「リッツ・カールトンホテル大阪」の場合でいえば、オフピーク50,000、スタンダード60,000、ピーク70,000なので、スタンダードに設定された日程まで宿泊が可能となります。
ただし、次に紹介する「フレキシブルポイント制度」が導入されると状況が変わるかもしれません。

Free Night Award Top Off

In early 2022, Members will have the opportunity to increase their Free Night Award by adding up to 15,000 additional Marriott Bonvoy® Points, expanding the value of the award and possible options across the portfolio.

(翻訳)
2022年初頭、トップオフ制度は「15,000ポイント」までのマリオット ボンボイ®ポイントを追加して無料宿泊特典の幅を広げることができ、特典の価値と可能なオプションを拡大することが可能になります。 

引用:Marriott Bonvoy 公式HP 「We’re Here to Help」より

フレキシブルポイント交換レートとは

以前まで無料宿泊特典やポイント宿泊において、「カテゴリー(1〜8)」と「オフピーク」「ピーク」「スタンダード」などの分類が存在しましたが、カテゴリーについて公式から廃止の方針が発表されました。
それにより、これからは宿泊料金に比例して必要ポイント数が上限するようです。(以下、公式コメントを掲載しておきます)

2022年3月より「フレキシブルポイント交換レート」が導入予定であり、1〜8に分類されていたホテルランクの壁が撤廃。
各ホテルごとの実際の販売価格に応じた必要ポイント数になるため、より流動的で人気なホテルほど難しくなる可能性があります。
また、これは別の可能性も秘めていて、カテゴリー8であった「ザ・リッツ・カールトン京都」「HOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテル・ザ・三井京都) ラグジュアリーコレクションホテル&スパ」など、今まで無料宿泊特典で手の届かなかったホテルが閑散期でかつ不人気の日程であれば無料で宿泊することができるようになるかもしれません。

What Are Flexible Point Redemption Rates and Free Night Award Top-Off?

Flexible Point Redemption Rates
Starting March 2022, Hotel categories (1-8) and Redemption Rates classified as Off-Peak, Peak, or Standard will be replaced with Flexible Point Redemption Rates. That means the amount of Marriott Bonvoy® Points needed to redeem a Stay will be more flexible and will more closely align with Hotel Rates — based on availability, seasonality, etc. If you’re traveling somewhere with a lot of availability, you can expect to use fewer Marriott Bonvoy® Points. And if the destination you love is busier during your preferred dates, the redemption amount may increase.

(翻訳)
フレキシブルポイント還元率と無料宿泊特典の上乗せとは?
2022年3月より、フレキシブルポイント交換レートはホテルカテゴリー(1~8)とオフピーク、ピーク、スタンダードに分類される交換レートをフレキシブルポイント交換レートに変更される予定です。つまり、宿泊の交換に必要なマリオット・ボンボイ®・ポイントは、空室状況や季節などに応じて、より柔軟に、よりホテルの宿泊料金に近い形で調整されます。空室率の高い場所を旅行する場合は、使用するマリオット・ボンボイ®・ポイントを少なくすることができます。また、ご希望の日程で旅行先が混雑している場合、交換額が増える可能性があります。

引用:Marriott Bonvoy 公式HP 「We’re Here to Help」より


なにはともあれ、「東京エディション虎ノ門」「セントレジスホテル大阪」「ザ・リッツカールトンホテル沖縄」など、1泊5万円以上の高級ホテルにも無料で宿泊できるため、あっという間に年会費の元が取れてしまいます。
2名で宿泊できるので、結婚記念日や誕生日など、夫婦やカップルの年に一度のイベントにするのも、とっても有効的で素敵だと思います。

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

【番外編】無料宿泊特典の使い方

実際にどうやって特典を利用することができるか、来年の予定を計画するうえでも役に立ちます。
なお、特典の対象除外日はありませんので、50,000ポイント以下であればどこでもいつでも予約が可能です。

エムイズム
エムイズム

実際に特典が受けられるタイミングや予約方法について、予備知識としてサラッと知っておきましょう。

付与されるタイミング

更新月の約2ヶ月後に付与されます。
クレジットカード券面の有効期限に1月と記載されてれば、3月にはおおよそ付与されています。
なぜこれだけのタイムラグがあるかというと、年会費の請求→入金確認後→特典付与となるためです。
マリオットボンヴォイ公式HP「アクティビティ」からも確認することができます。

有効期限

付与されてから1年間が有効期限です。
マリオットボンヴォイ公式HP「アクティビティ」からも確認することができます。

予約方法

予約方法は、電話とWeb予約の2種類があります。
どちらも難しい手順はありませんので、スムーズに予約することができると思います。

知人や家族に宿泊をプレゼントすることも可能です。
その際は、会員本人が電話予約して、実際に宿泊する人の名前で予約しましょう。

電話予約 手順

泊まりたいホテル、日程をある程度決めてから電話を掛けるだけなので、とっても簡単です。
基本的に1室2名までが特典の対象となりますが、小さなお子さんの対応についても電話予約であれば確認しやすいですね。

マリオットボンヴォイ予約センター

(一般)
 0120-925-659
 
(上級会員)
 0120-925-759

※上級会員ダイヤルは、ゴールドエリート会員以上が対象で、SPGアメックスカード保有者であればこちらを利用して問い合わせができます。

Web予約 手順

マリオットボンヴォイからの通常の予約とほとんど同じ手順で予約が可能です。

マリオットボンヴォイ公式サイト(アプリ含む)

01.マリオットボンヴォイHP・アプリにログイン
02.「アカウント」から「無料宿泊サーティフィケート」をタップ【画像1】
03.「無料宿泊サーティフィケート」が付与されているか、有効期限も確認【画像2】
04.希望条件を入力して「日程変更可能」にチェック【画像3】
05.「ポイントを使う」をONにする【画像4】
06.カレンダーから「50.0k」の日程を探し選択【画像5】
07.希望の部屋タイプを選択
08.予約確認画面で下部無料宿泊特典メッセージを確認【画像6】
09.ポイント交換からリワードを選択
10.予約最終確認画面で特典利用が反映されているか確認【画像7】
11.「今すぐ予約」で予約完了
画像1 「無料宿泊サーティフィケート」をタップ
画像2 「無料宿泊サーティフィケート」概要
画像3 日程変更可能にチェックを入れる
画像4 ポイントを使うをONにする
画像5 カレンダー内「50.0k」の日程が適用可能日
画像6 予約確認画面(下部メッセージの表示確認)
画像7 無料宿泊特典の利用を確認

キャンセル料について

無料宿泊だからといって、一度予約してしまうとキャンセルができないというわけではありません。
通常の現金やクレジット決済の場合と同様で、各ホテルが定める規定が適応されます。
感覚としては、前日や2日前までのキャンセルは無料といったところが多いように思います。

ラグジュアリーホテルに分類されるホテルは人気必至の激戦となり、希望する日程になかなか空きがないといったことも少なくあります。
そこで、希望日をこまめにチェックすることも大切ですが、無料宿泊特典が使える日程、かつ行ける可能性があるところをひとまず予約してしまってから日程調節をするのも一つの方法です。
後日になって希望する日程に空きが出た場合には、今の予約をキャンセルして取り直しましょう。

無料宿泊特典対象ホテル

無料宿泊特典を利用可能なホテルは、国内のみならず海外のマリオットボンヴォイ加盟ホテルも対象です。
例えば、ハワイにあるリッツ・カールトンやシェラトン、ローマにあるセントレジスやウェスティンなど、ホテルの選択肢は7,000以上で、もはや無限に思えるほどあります。
海外のマリオットホテル系列は、比較的リーズナブルなところが多いので狙い目かもしれません。

都道府県無料宿泊の対象ホテル
北海道・フェアフィールド・バイ・マリオット札幌
・フォーポイントバイシェラトン函館
・シェラトン北海道キロロリゾート
・ウェスティン ルスツリゾート
・キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道
・東山ニセコビレッジ、ザ・リッツ・カールトン・リザーブ
宮城県・ウェスティンホテル仙台
栃木県・フェアフィールド・バイ・マリオット栃木宇都宮
・フェアフィールド・バイ・マリオット栃木もてぎ
・フェアフィールド・バイ・マリオット栃木日光
・ザ・リッツ・カールトン日光
東京都・コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
・シェラトン都ホテル東京
・モクシー東京錦糸町
・アロフト東京銀座
・ACホテル東京銀座
・コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション
・ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション
・東京マリオットホテル
・メズム東京、オートグラフ コレクション
・ウェスティンホテル東京
・シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
・東京エディション虎ノ門
・ザ・リッツ・カールトン東京
・ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町,ラグジュアリーコレクションホテル
・東京エディション銀座
神奈川県・横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
山梨県・富士マリオットホテル山中湖
静岡県・伊豆マリオットホテル修善寺
長野県・コートヤード・バイ・マリオット・白馬
・軽井沢マリオットホテル
岐阜県・フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜郡上
・フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜美濃
・フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園
・フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜高山荘川
愛知県・コートヤード・バイ・マリオット名古屋
・名古屋マリオットアソシアホテル
・フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港
三重県・フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜
・フェアフィールド・バイ・マリオット・三重おおだい
京都府・フェアフィールド・バイ・マリオット京都京丹波
・フェアフィールド・バイ・マリオット京都天橋立
・モクシー京都二条
・フェアフィールド・バイ・マリオット京都みなみやましろ
・ウェスティン都ホテル京都
・ザ・プリンス京都宝ヶ池 オートグラフコレクション
・HIYORIチャプター京都トリビュートポートフォリオホテル
・HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクションホテル&スパ
・ザ・リッツ・カールトン京都
・翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
大阪府・フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波
・モクシー大阪本町
・モクシー大阪新梅田
・コートヤード・バイ・マリオット大阪本町
・コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション
・シェラトン都ホテル大阪
・アロフト大阪堂島
・W大阪
・ウェスティンホテル大阪
・大阪マリオット都ホテル
・ザ・リッツ・カールトン大阪
・セントレジスホテル大阪
滋賀県・琵琶湖マリオットホテル
奈良県・フェアフィールド・バイ・マリオット奈良天理
・JWマリオット・ホテル奈良
和歌山県・フェアフィールド・バイ・マリオット和歌山串本
・フェアフィールド・バイ・マリオット和歌山すさみ
・南紀白浜マリオットホテル
兵庫県・神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
広島県・シェラトングランドホテル広島
宮崎県・シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
沖縄県・シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
・イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古
・ザ・リッツ・カールトン沖縄
・ルネッサンス・オキナワ・リゾート
無料宿泊特典の利用対象ホテル(国内)

貯まるポイント・移行できるマイル

ポイントの有効期限が実質無期限というところも大きく評価できる点です。
陸マイラーだけに限らず、いざマイルを使おうと思っていても、なかなか特典航空券に変えることが難しいのが現状です。
JALマイルであれば、通常2年間の有効期限付きですが、マリオットポイントで貯めると、使いたい時に移行すればいいので、有効期限を気にすることなく無限に貯めることができます。
マイルでファーストクラスの特典航空券も目指せるので、ハイステータスで優雅な海外旅行も夢の話ではありません。

ポイント(Marriott Bonvoyポイント)還元率

ポイント付与率・・・3%

基本的には、利用決済額100円=3ポイントが積算されます。
さらに、Marriott Bonvoy加盟ホテル利用では、決済額100円=6ポイントが貯まります(通常時の2倍)。
さらにさらに、ゴールドエリート会員特典として、宿泊利用の決済額1米ドル=12.5ポイント(通常会員と比較して25%増し)を獲得することができます。
加えて、ホテル内レストランやバーの利用で1米ドル=10ポイントを獲得可能です。
なお、この代金は部屋付けにすることで、ゴールドエリート会員特典の25%が適用されるため、より多くのポイントを獲得することが可能です。

マリオット系列ホテルへの宿泊やレストランなどの利用が多い方には、かなりお得だということがお分かりいただけると思います。
ポイントアップや追加ボーナスポイントのキャンペーンも、たびたび行われているので活用してみてください。

マリオットボンヴォイ加盟ホテル宿泊で貯まるポイント一例

20,000円/1泊利用 ※SPGアメックスで支払った場合

決済利用(100円=6ポイント) → 1,200ポイント
宿泊ポイント(ゴールドエリート会員特典 25%増し) → 2,500ポイント
ウェルカムギフト(ホテル差有り) → 250ポイント

合計 3,950ポイント(1,316円〜1,645マイル相当)還元!

ポイントの有効期限

基本的には、ポイントを獲得してから24ヶ月(2年)が有効期限です。
ポイントを獲得するたびに、有効期限は自動更新されていくため、コンスタントに利用していれば実質無期限で貯めることができます。

ポイントには有効期限がありますか?

Marriott Bonvoyで貯めたポイントを保持するには、会員は資格を有効に保つ必要があります。24ヶ月にわたってアクティビティの実績のない会員のポイントはすべて失効となります。ポイントまたはマイルの獲得またはポイント交換を24か月に少なくとも1回行っていれば、会員資格は有効に維持されます。ライフタイム エリート会員資格を取得すると、ポイントの有効期限はなくなります。詳細は弊社のご利用規約をご覧ください。

引用:Marriott Bonvoyポイント交換に関するよくあるご質問

マイル還元率

ポイントをマイルへ移行する際は、60,000ポイント毎に移行することで還元率を最大化することができます。

以下が、本カードの基本的なマイル還元率です。
 還元率1% ・・・ 100円=3ポイント、3ポイント=1マイル

本カードには、ボーナスマイル付与制度があり、60,000ポイント以上移行することを条件に、追加で5,000マイルが付与されます。

 60,000ポイント移行  → 25,000マイル(20,000+5,000
 120,000ポイント移行 → 50,000マイル(40,000+10,000

以上のように、この制度を利用することでマイル還元率が1.25%になり、還元率を最大化することができます。

移行できるマイレージプログラム

国内外、40社以上の航空会社へのマイル移行ができることも、本カードの強みの一つです。
ポイント交換レートについては、基本的には(3ポイント=1マイル)ですが、例外として、ニュージーランド航空Airpoints™(200ポイント=1マイル)、ユナイテッド航空マイレージプラス(3ポイント=1.1マイル)があります。

ポイント移行可能 航空会社一覧
  • エーゲ航空
  • Aer Lingus AerClub
  • アエロフロート ボーナス
  • エアロメヒコ クラブプレミエ
  • エアカナダ アエロプラン
  • エールフランス/KLM フライングブルー
  • ※ニュージーランド航空Airpoints™
  • アラスカ航空 Mileage Plan®
  • アリタリア航空ミッレミリア
  • ANAマイレージクラブ
  • アメリカン航空
  • アシアナ航空アシアナクラブ
  • アビアンカ航空 LifeMiles
  • ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club
  • アジアマイル
  • コパ航空 ConnectMiles
  • デルタスカイマイル
  • エミレーツスカイワーズ
  • エティハド ゲスト
  • フロンティア航空EarlyReturns®
  • 海南航空
  • ハワイアン航空 HawaiianMiles®
  • Iberia Plus
  • InterMiles
  • 日本航空 (JAL) マイレージバンク
  • 大韓航空スカイパス
  • LATAM航空 LATAMPASS
  • Multiplus
  • カンタス フリークエントフライヤー
  • カタール航空プリビレッジクラブ
  • サウディア航空
  • シンガポール航空クリスフライヤー
  • サウスウエスト航空 Rapid Rewards
  • TAPポルトガル航空
  • タイ国際航空
  • ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles
  • ※ユナイテッド航空マイレージプラス
  • ヴァージンアトランティック航空Flying Club
  • ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer
  • Vueling Club

旅行傷害保険

本カードの保険料は、海外旅行保険(自動付帯/利用付帯)、国内旅行保険(利用付帯のみ)ということを前提として覚えておきましょう。

正直なところ、本カードをメイン決済に利用予定であれば何も考えなくても大丈夫です。
ただ、傷害・疾病治療費用の保険料額が少し物足りないため、自動付帯のクレジットカードカードで補うと安心です。
サブカードでの利用の方は、国内保険が利用付帯のみのため注意が必要です。こちらも自動付帯のクレジットカードを組み合わせると良いと思います。
具体的にどのクレジットカードがおすすめなのか、これは別の記事でご紹介いたします。

保険内容の詳細については、こちらからご確認いただけます。

知らないと損!入会紹介プログラム

SPGアメックスでは、知らないともらえないポイントが存在します。知り合いの方やご友人などから紹介してもらい入会すると、公式HPから直接申し込むよりもより多くのポイントが付与されます。
こちらからお申し込みいただくと、通常よりも多くのポイント特典を受け取ることが可能です。まわりにお持ちの方がいらっしゃらない場合は、ぜひこちらをご活用ください。

紹介プログラムのご利用は、SNSもしく問い合わせフォームからご連絡ください。
専用紹介コードをお送りいたします。

入会申込前に、Marriott Bonvoyへの会員登録が必要です。
事前に会員番号をご用意いただき、お申し込みに進まれるとスムーズです。

Xserverドメイン

error:Content is protected
タイトルとURLをコピーしました