【京都】ザ ロイヤルパークホテル京都四条/連泊ワーケーションに最適!朝食はブランチに変更可!安心と信頼のおもてなしでミシュラン連続掲載!

ホテル

こんにちは。
当ブログ管理人の「エムイズム」です。

どこにでもいる一般会社員が、“ちょっと贅沢なホテルステイ”を目的に年間50泊以上しています。その経験値をもとに、全国各地のホテル宿泊記をお届けします。写真や動画を用いて、詳しい解説とともに紹介していきます。

ホテルの評価基準については、ブログテーマの「より自然に、より豊かに」を主軸に、満足度やリピート度合いも加味して査定しています。

皆さんにとっても、素晴らしいホテルステイができることを心より応援しています。私の失敗談や、その対処法、周辺観光スポットなども紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後に
これまで紹介したホテルは、「【最新版】おすすめホテルランキング」にまとめています。こちらも併せてご参考にどうぞ!

プレミアムフロアがコスパ良好おすすめ度・満足度MAX!常宿にしたいビジネスホテル!

名称:ザ ロイヤルパークホテル京都四条
住所:600-8412
   京都府京都市下京区二帖半敷町668
TEL:075-351-1111

ザ ロイヤルパークホテル京都四条の魅力・特徴

外観

三菱地所グループが展開する「ロイヤルパークホテルズ」の宿泊主体ホテルブランド「THEシリーズ」の6つ目のホテルとして誕生。
THEシリーズのブランドコンセントである「街と、もてなす。」にふさわしいおもてなしと安心感を与えてくれるホテルです。

それを裏付けるように、2018年4月に開業して以来、『ミシュランガイド 京都・大阪+岡山 2021』のホテル格付けにおいて、“快適なホテル”を示す「2パビリオン(黒)」を3年連続で獲得しています。
同ホテルグループの「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋」「ザ ロイヤルパークホテル京都三条」も掲載されており、このTHEシリーズのポテンシャルの高さと安定感が理解できます。

筆者は、当ホテルへの宿泊が3度目。
毎回違う客室を選んでいますが、どの客室も素敵でした。
また、全室が洗い場付きバスタブ付きです。

中でも「プレミアムフロア」の破壊力は凄まじいものがありましたので、今回はこちらを中心に紹介したいと思います。

プレミアムフロア宿泊特典

客室最上階に位置する9階「プレミアムフロア」は、他とは一線を画す仕様となっています。
本フロアは、世界の名だたる高級ホテルブランドのデザインを手がかるホスピタリティデザイン会社「HBA(ハーシュ・ベドナー・アソシエイツ)」が携わり、繊細な色彩や間接照明、質の高いインテリア設計が魅力的です。

プレミアムフロア宿泊者のみに用意されたサービスは以下の通りです。
この中の特典で、超絶おすすめしたいのが朝食から昼食へ変更することです。
ランチ営業に切り替わる11:00以降にレストランを利用することで、通常メニューで提供しているランチセットを選ぶことが可能になります。
レイトチェックアウト12:00まで無料も付いているので、朝から行動する必要がない方は、ゆっくりランチをいただけるので、ぜひ活用してみてほしい特典です。(下記、レストラン情報参照)

プレミアムフロア宿泊特典について
  • レイトチェックアウト
    12:00まで (通常11:00)
  • ウェルカムドリンク 1杯無料
     場所:1階「Le Bon Vivre」
     時間:10:00~22:30 (L.O.22:00)
    →スパークリングワイン、ワイン(赤・白)、ハイボール、コーヒー、紅茶、オレンジジュース、ジンジャエール、ペリエほか
  • 朝食無料
     場所:1階「Le Bon Vivre」
     時間:朝食/7:00〜11:00
        昼食/11:00〜
     ※営業時間は時期により変動の可能性もあります。
    昼食への変更も可
     ※予告なくサービス変更の可能性もあります。
  • 新聞無料
    →新聞(朝刊)をドアノブに掛けておいてくれる
    ※新聞は宿泊者の好みに合わせて用意
  • コーヒーマシン
    →UCCドリップポッド(コーヒー、紅茶)
  • バスローブ

レストラン「Le Bon Vivre」(朝食会場)

京都を代表するベーカリー「進々堂」の新ブランド「Le Bon Vivre(ル・ボン・ヴィーヴル)」が、当ホテルの1階に入っています。
宿泊者の朝食会場にもなっていますが、終始落ち着いた雰囲気で、居心地がとても良いです。

営業時間について

朝食(モーニング)
 7:00〜11:00
昼食(ランチ)
 11:00〜16:00 (L.O 15:00)
夕食(ディナー)
 17:30〜22:30 (L.O 22:00)
※状況により短縮営業の場合もあります。

朝食 (モーニング)

朝食は、洋食のみ。
卵料理やハム、野菜スープなど5種類の選べるメイン、京都の食材を使ったサラダ、そして、進々堂の売りでもあるパンはおかわり自由でいただけます。
基本的に一般利用と同メニューが提供されるモーニングセットがそれに当たるようです。
※内容は状況により変更となる場合もございます。

朝食(モーニング)メニュー

昼食 (ランチ)

11:00以降、ランチサービスに変わります。
ボリューム満点で、王道の洋食といった感じでした。
日中もホテルステイを楽しまれる予定の方には、アフタヌーンティーも素敵なのでおすすめしておきます。(有料)

筆者は、プレミアムフロア宿泊限定特典を使い、朝食券を昼食に変更し利用させていただきました。
通常2,300円するランチセット「メイン・パン・デザート」「前菜・メイン・パン」が無料で選べてかなり満足度が高かったです。
平日限定で「メイン・パン」のセットも選べますが、せっかく無料ならデザートか前菜の付いているセットにした方がよりお得ですね。
2,700円の「前菜・メイン・パン・デザート」は追加料金が発生しますが、注文は可能です。
※すべてのセットメニューに、1ドリンク(コーヒーまたは紅茶)が付いています。

昼食(ランチ)メニュー

夕食 (ディナー)

ディナーはまだ利用したことがありませんが、ランチのクオリティからして、期待値はかなり高いです。
値段もお手頃なので、利用するタイミングがあればぜひ行ってみたいですね。

夕食(ディナー)メニュー

各施設

コインランドリー (洗濯機・乾燥機)

2階

自動販売機、製氷機

4階、7階、9階

\\ 予約サイトで価格比較する //

\\ お得な期間限定セールも随時開催中 //

実際に宿泊した感想・評価

エムイズム
エムイズム

宿泊した客室の詳しい紹介をします。その上で、実際に宿泊して感じたこと、注意した方が良いこと、おすすめできることなど、客観的目線も入れつつリアルな感想を話していきます。
評価は、それぞれの項目を星1〜5(小数点四捨五入)で点数を付けています。

 総 合 評 価 ★★★★★ 5
 客室の設え ★★★★★ 5
 接客・対応 ★★★★☆ 4
 朝食・食事 ★★★★★ 5
 施設・設備 ★★★★☆ 4
 清掃・清潔 ★★★★★ 5
 アクセス度 ★★★★☆ 4
 コスパ満足 ★★★★★ 5

客室タイプ:【プレミアムフロア】デラックスツイン

客室の特徴

【プレミアムフロア】デラックスツイン 29.4平米

  • バストイレ:バスタブ付き、トイレ別
  • マットレス:シモンズ社製
  • 特 記 事 項:デスク、ソファー2脚、角度調節付き壁掛けテレビ
プレミアムフロア デラックスツイン 間取図
引用:公式HP「プレミアムフロア」より

バスルーム・トイレ・洗面スペース

ダークトーンの木材にマーブル(大理石)系の石がよくマッチした高級感のある空間です。

アメニティの中でもボディタオルがお気に入りで、自宅用のボディタオルにしているくらいです。
よく泡立ち、やわらかい洗い心地なので、とても重宝しています。

バスルームには、洗い場用のイスはありません。
無いと困るという方には、マイナスポイントになるかもしれませんね。

エムイズム
エムイズム

各施設・設備について紹介しましたが、皆さんいかがでしたでしょうか?
まとめとして、ホテルの施設や客室の良かったところ、おそらく好みがわかれるところについて紹介・解説していきます。

◎ おすすめできるポイント

  • 清掃が行き届いている
    →空気清浄機のフィルター、テレビの裏、部屋の隅々まで、どこを見てもしっかり掃除されているので安心。
  • 可動式テレビ
    →ソファー席からテレビを見ることができるように角度調節が可能。
  • 遮光性に優れたブラインドカーテン
    →二重のスクリーンが窓から伝わる冷気や暑さをシャットアウト。
     朝日もばっちり防げるので、いつまでも夜かと勘違いするレベルだった。
  • ほどよい距離感の接客サービス
    →スマートな印象で、無駄のない応対に好印象を受けた。

△ 好みがわかれるポイント

  • 景色が選べない
    →東向き窓(烏丸通り側)は東山方面ビュー、南向き窓(京都駅方面)の部屋はビルビュー、西向き窓(嵐山方面)はマンションビューで、東向き窓の客室が当たりだった。
  • バスルームに椅子が無い
    →個人的には無くても問題ないが、高齢の方など幅広い客層を取り入れるのであればあった方が無難ではないだろうか。
  • 電子レンジが客室フロアに無い
    →フロントでのみ温めが可能なため、不便さを多少感じる。
  • 製氷機のカップが小さいタイプ
    →アイスペールがあると点数が高い。
  • 室内にカトラリーとお皿が無い
    →ホテルステイが主流になる今、プレミアムフロアくらいは常設しても良いのかなと感じた。

まとめ

総じて、細かい部分でしか減点要素を感じない秀逸なホテルでした。

スタンダードフロアのデラックスダブルにも宿泊したことがありますが、そちらもなかなか素敵でコスパ高めです。

今回、初めてプレミアムフロアの特典を利用してホテルステイを満喫させていただきましたが、これほどまでに至れり尽くせりだとは思ってもみませんでした。
ビジネスホテルの域を超える感動を久しぶりに得られました。
おそらく昼食目当てでリピートすると思います。

接客サービス面はあっさりしていて、人見知りの私にはちょうど良い感じです。
ビジネスホテルとしてのシンプルさも持ちながら、お部屋のアップグレードや記念日のサプライズなどもしていただけ、いろいろな要望にも快く受けてくださるので宿泊していてとても気持ちが良いです。

1泊でも十分楽しめますが、ロングステイでも過不足なく過ごせると感じました。
ホテルの近くにはドラッグストアやコンビニ、居酒屋なども点在する好立地です。
ビジネスでも旅行でも、単純にホテルを楽しみたい人にもおすすめできます。
京都烏丸周辺でホテル探しをされている方には、ここのプレミアムフロアをとにかく提案したい。

エムイズム
エムイズム

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。
筆者がこれまでに宿泊したホテルについてまとめた記事「おすすめホテル ランキング」を随時更新中です。よろしければこちらも合わせてご覧ください!

【注】記事内の評価は、ブログテーマ「より豊かに、より自然に」を主軸に、ホテルに宿泊することで得られる満足度や幸福度を加味して算出しております。また、筆者が該当ホテルについて、純粋に読者におすすめできるかどうかを、これまでの経験をふまえて近隣ホテルやグループホテルと比較し、正直な感想を個人的見解で述べています。万が一、該当ホテルが低評価となった場合でも、該当ホテルそのものの価値を表すものではありません。本記事は、ホテルの価値を著しく下げる目的や誹謗中傷を目的としたものでもありません。

Xserverドメイン


★ ★ ★ おすすめ旅行サイト ★ ★ ★

公式サイトのベストレート価格よりも、実は旅行サイト経由の方がお得な場合が多い!
ぜひ、以下の旅行サイト経由で、賢くお得に旅行を計画しちゃいましょう!

国内ホテル予約サイト「一休.com」
→ 前日ギリギリまでキャンセル出来るため、予定が定まりにくい場合でも安心。毎週のようにお得なセールも開催されています。

国内ホテル・交通 総合予約サイト「じゃらん」
→ 航空券やJRとのパッケージプランがお得。現地でのツアーやアクティビティも予約できてしまう旅行の強い味方です。

国内ホテル・交通 総合予約サイト「Yahoo!トラベル」
→ ホテルだけにとどまらず、ツアーや高速バスの予約まで幅広く取り扱いがあります。各旅行会社のプランも比較もできてしまう優秀なサイト。Tポイントを貯めたり使ったりできるのも魅力的ですね。

ポイントがザクザク貯まる予約サイト「楽天トラベル(Rakuten Travel)」
→ 楽天市場をよく利用する人にはピッタリ。スーパーセール期間やクーポン、貯めたポイントを最大限に活用して、お得に宿泊予約できるのも魅力。

国内・海外旅行 総合予約サイト「JTB」
旅行といえばJTB。不安な海外旅行もしっかり安心のサポートしてくれます。「ふるさと納税」サイトで旅行クーポンを発行しているのも魅力的です。

海外旅行 総合予約サイト「Expedia」
ホテル・航空券を一括でお得に予約できるサイト「エクスペディア」。予約までのプロセスが手軽なのも魅力的です。直前の取り消しになってもキャンセル料が発生しないプランも数多くあるのがうれしいですね。

タイトルとURLをコピーしました